緑内障とは

緑内障は、眼圧がその人本来の視神経が耐えうる眼圧よりも高い状態が持続することにより、視神経に構造と機能の障害が起こり、このため特に初期には視野がかけていき、末期には失明に至る病気です。

眼圧を十分に下降させることにより視神経障害を改善もしくは抑制しうる病気です。

図 眼の中の主に前方を循環している房水が眼の外に流れ出す部分である「隅角」「線維柱体」「シュレム管」の部分で流れにくくなると眼内の圧力が上がります。眼内の圧力が上がると眼の後方にある視神経に負担がかかり、視神経が徐々に壊れて見え方が悪くなる病気です。

図 緑内障の視野の進行(左から右):緑内障による視野障害は自分では気づきにくい部分から起こることが多く、中心の視野は比較的末期まで保たれるため、進行してから気づくことも老い病気です。

緑内障手術を受けるタイミングは

この緑内障インプラント手術機器は、眼圧を下げるための緑内障のお薬やレーザー治療などの治療法でも十分に眼圧が下がらない場合に使用します。

緑内障手術について

緑内障手術の目的は、眼圧を下げることによって、視神経に対する負担を軽くし、視野や視力をなるべく長い間維持させることです。緑内障手術の種類にはいろいろありますが、当院で主に行う手術はステンレス製の医療機器を使用した緑内障インプラント手術ですので、この手術の概要を説明します。

当院で使用する緑内障インプラントは「アルコン® エクスプレス®緑内障フィルトレーションデバイス」と言うステンレス製の手術機器です。(図左上)
この手術機器を眼内に挿入し、人工的に房水を目の外に排出することで、眼圧を下げ、視神経障害の進行を止める、あるいは遅らせる効果があります。
従来の緑内障手術と同等の眼圧下降効果や、手術に伴う合併症が少なくなる、術後早期の視力回復が得られることなどが海外で報告されています。

緑内障手術の効果

この緑内障インプラント医療機器を使用した緑内障手術を行う事により、眼圧を下降させ、視野障害の進行を抑制することが期待できます。

図左 インプラントが正しい位置に挿入されたときの正面から見た状態。

図右 インプラントから房水が結膜の下に流出してきれいな濾過胞が形成された状態。

緑内障手術の合併症

主な合併症には以下のようなものがあります。

眼の組織における出血、前房が浅くなる、低眼圧、角膜障害、白内障、眼の組織の障害、眼痛、頭痛、視力低下、手術部位に傷跡が残る、虹彩の色が薄くなる、低眼圧による網膜の障害、眼圧上昇、眼内における炎症など

緑内障インプラント手術が受けられない方について

緑内障インプラントはステンレス製のため、金属アレルギーの方には禁忌のため挿入できませんので、アレルギーのある方は申し付け下さい。